BLOG

埼玉県 家族葬 葬儀社

2019/05/30

CMで「葬難」って、ダジャレすごいですね。

うまいなって思います。

しかし「葬難」の原因は、無責任な葬儀社が次から次へと「葬儀」の項目を

増やし続けているから。

葬儀の種類、葬儀の規模、埋葬の仕方、エトセトラ

ごちゃまぜにして、○○葬。

かえって、消費者に誤解を招いてしまった。

マスコミの関係者も、正確には把握していないまま

ニュース番組でも、頻繁に耳にする。

消費者の方が、どんな葬儀をしたいのか

私達、葬儀社は心穏やかに、お客様の言葉を注意深く聞く事からはじめます。

どんな「死」であっても

身内の方は、軽いパニックや焦燥感に捉えられます。

「葬儀」までの日々を、経て少しずつ「死」を受容れる様に心が穏やかになります。

「こうだからいけない」「こうじゃなければいけない」と決まったことはありません。

「その時の精一杯」で見送る事が大切です。

後悔しない送り方が「葬儀」のあり方です。

形式や、方法は経験豊かな、葬儀 担当者に任せて下さい。

必ず、どう送りたいか希望をお聞かせください。

瀧澤